ブログ

お酒を飲むと太る?

「お酒を飲むと太っちゃうのよね」

こう呟く人、結構いらっしゃいますよね
でも 「お酒はエンプティカロリー」って言葉をお聞きになったことありません?

お酒を飲むと太るわけをお話します。

お酒の種類によってカロリーが違います。→アルコールのカロリー+原料のカロリー
けれど、アルコールは栄養素がなくほとんど体内に吸収されることはありません。
顔が赤くなったり、トイレが近くなったり、、というのは即座に体外へ放出しているからなんです。

ではなぜ太るの?

人間の体は アルコールのカロリー消費を優先させる為に糖質、脂質などの消費分解を後回しにします。そして本来糖質、脂質を分解消費に必要なビタミンB群が消耗されるため 後回しにされた栄養素が消費されずに体内に残ってしまい脂肪として蓄えられる。そして太る!

ですので
アルコールを飲む時は ビタミンB群を沢山とる必要があります。
糖質分解に必要なビタミンB1、脂質分解に必要なビタミンB2、タンパク質分解に必要な
ビタミンB6は必須!!

それから補足として
お水かお茶も一緒に飲む。(脱水をふせぐ、カテキンはアルコール吸収を阻害します)
クエン酸(グレープフルーツ、レモン)とる。→アルコールを飲むと有害物質アセトアルデヒドが
分泌され分解するのにビタミンCが必要
甘いカクテルは控える→お砂糖モリモリの缶ジュースとお酒を一緒に摂ってるのと同じ→余計にビタミンが不足する

そして、もう一つ!「発酵食品=酵素」も必要です。酵素には消化酵素と代謝酵素がありまして、これも加齢と共に 体内で分泌されなくなってきます。酵素が不足すれば新陳代謝が正常に行われなくなり、結果として太るわけです。

いかがですか?ちょっと得する情報ですよね
飲むし食べるし やってることは同じなのに 太る人と太らない人の差がでるのは
アルコールを飲む時のお作法の違い・・皆様 お試しくださいね!

因みに 今城はワインが大好きで毎晩のように飲んでます、が、正しい知識の元に飲んでますから太りません。(幸)

#ダイエット#酵素#ビタミン不足#アルコール

関連記事

  1. おっぱい先生のトレーナー研修会
PAGE TOP